フェンリルは“ユーザーにハピネスを”という
目的を果たすことを約束します。

目的を果たすためにミッションを掲げ、このミッションを実行するために、
常識や慣習や偏見、固定観念にとらわれず、常に変化し続け理想を追求しています。
理想を考え、真理を追究し、諦めない心と実現する能力を身につけ、そして実現します。
このサイクルが楽しくて仕方がない状況をつくりだし、人々のハピネスのために
仕事をする最高の理想主義集団を作ります。
フェンリルの目的のためだけに行動します。利益を出すことは会社の目的ではなく、
会社の目的を果たすためにやらなければならないことです。目先の利益に囚われず、
会社が何のために存在しているのかを常に意識して行動していきます。