BoltzEngine 3.0 マイグレーションガイド

BoltzEngine 3.0 未満から 3.0 以降へのアップデート方法についてご説明します。

BoltzEngine の再インストール (LinuxでRPMからインストールされた場合)

BoltzEngineはこれまでご利用者様ごとにビルドしてご提供しておりましたが、プロダクトキーによる認証に変更となりました。このためRPMでインストールされた方についてはパッケージ名が変更となりますので、一度アンインストールした上で新しいBoltzEngineを導入していただく必要があります。

 1(RHEL7系での操作例)
 2
 3# systemctl stop boltz-master
 4# systemctl stop boltz-slave
 5# yum list | grep boltz            # => インストールされているパッケージを確認
 6# yum remove boltz-(ご利用者名)
 7# rpm -ivh boltz-engine-(バージョン).rpm
 8
 9(ここで次の「プロダクトキーの設定」を実施してください)
10
11# systemctl start boltz-auth-server
12# systemctl start boltz-slave
13# systemctl start boltz-master

プロダクトキーの設定

BoltzEngine 3.0以降の起動には、これまでのアンロックキーに代わりましてプロダクトキーが必要です。ご利用者様専用サイトからプロダクトキーをダウンロードできます。プロダクトキーを設定しない場合でも起動は可能となっていますが、プロダクトキーが読み込まれていない場合性能に大幅な制限がかかりますのでご注意ください。

Linux での設定方法

  1. ダウンロードした license ファイルを適切な場所 (例: /etc/boltz/license などに設置する)
  2. /etc/sysconfig/boltz/master(RHEL7系)もしくは/etc/init/boltz-master.conf を開き、license の行に設置した場所を指定する
  3. BoltzEngine Master サービスを再起動する

Windows での設定方法

インストーラーでファイルを指定することができます。

boltz auth-server の追加

認証管理サービスとしてauth-serverという新しいプロセスが増えました。スレーブサービスから接続し、同一の時間内で生成されるキーを管理します。APNs HTTP/2 JWT 認証をお使いになる場合は、インターネット側のIPアドレスが同一のスレーブを同一のauth-serverにすべて収容する必要があります。接続先の設定は以下のパスにあります。

  • /etc/sysconfig/boltz/auth-server (RHEL7系)
  • /etc/init/boltz-auth-server.conf (RHEL6系)

BoltzMessenger の設定変更 (HTTP/2への切替)

BoltzMessengerでAPNs HTTP/2 トークン認証を使用するには、config.ymlの設定変更が必要です。

1apns:
2  gateway: https://api.push.apple.com/
3  issuer: XXXXXXXXXX 
4  keyId: XXXXXXXXXX
5  privateKey: /etc/boltz-messenger/AuthKey.p8
6  topic: com.example.app
  • gateway:
  • issuer: Apple Developer Progaram アカウントのID(Apple Developer Program の Membership ページで確認できます)
  • keyId: APNs 認証キーのID (発行時に表示されます)
  • privateKey: APNs 認証キーのファイルパス
  • topic: 送信先アプリのBundle Identifier

なお、認証キーは「アプリへのプッシュ通知の実装」ページにガイド記事「iOSでのプッシュ通知の準備(HTTP/2・トークン認証での接続の場合)」をご用意していますので、こちらを参考に署名キーを発行してください。

ご不明な点はありませんか?

機能の詳細、導入のご検討、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。
担当者から追ってご連絡いたします。

お問い合わせはこちら

記事へ戻る