Android 版の BoltzMessenger アプリをビルドする

BoltzMessenger アプリをそのまま実行する場合のビルド方法です。

Android Studio 3.0で作業を行います。

サポートしている通知サービスについて

BoltzMessenger Android では以下の二つの通知サービスを使用することができます。

  • Firebase Cloud Messaging / Google Cloud Messaging (以下FCM)
  • Amazon Device Messaging (以下ADM)

ビルド バリアントについて

BoltzMessenger アプリ及びSDKはビルド バリアントによって各通知サービスごとにビルド方法が分かれています。ビルド バリアントの技術詳細については Android Studio 公式ページのビルド バリアントの設定をご覧ください。

ビルド バリアントの種類について

ビルド バリアントの組み合わせとして2つのビルドタイプ Debug と Relase のが存在し、3つのプロダクトフレーバーがあります。以下にプロダクトフレーバーの内容を示します。sdk/app で連動して切り替わります。

gcmOnly
* FCM を用いる場合に設定します。

admOnly * ADM のみを用いる場合に設定します。

anyService
* FCM と ADM の両方を用いる場合に設定します。端末でどのサービスを用いるかどうかは自動で判定されます。

ビルド バリアントの変更方法

Android Studio のメニューから View > Tool Windows > Build Variants を開きます。

ビルド バリアントを変更する際は Build Variant のプルダウンメニューから目的のバリアントを選択します。

必要な情報

通知サービスによって必要なものが異なります。

BoltzMessenger Web API URL

ADM/FCM共に必要となります。BoltzMessenger Web を設置した URL に /api/v1.1/ をつけた場所にあります。

例えば、http://boltzmessenger.example.com/bm/ にある場合は、http://boltzmessenger.example.com/bm/api/v1.1/ となります。

FCMを用いる場合

アプリのパッケージ名

Androidアプリのパッケージ名を指定します。デフォルトのまま(jp.co.fenrir.boltzmessenger)でもかまいません。

google-services.json, 送信者ID

Androidでのプッシュ通知の準備で作成した google-services.json と送信者IDが必要になります。

ADMを用いる場合

API Key

Kindle Fireでのプッシュ通知の準備で作成したAPI Keyが必要になります。

google-services.jsonの配置(FCM)

Android Studio で BoltzMessenger Android のプロジェクトを開き、google-services.json を、BoltzMessenger Android の app フォルダの中に配置します。

API Keyの配置(ADM)

作成された API Key を api_key.txt という名前のファイルに保存します。

Android Studio で BoltzMessenger Android のプロジェクトを開き、src/admMain/assets/api_key.txtに配置します。

environment.xml の設定

BoltzMessenger の app/src/main/res/values/environment.xml を開き、XML 内の以下の情報を編集します。

boltz_messenger_server_url キー

BoltzMessenger Web API URL を指定します。

gcm_sender_id キー

google-services.json の生成中に表示された送信者 ID を入力します。

ご不明な点はありませんか?

機能の詳細、導入のご検討、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。
担当者から追ってご連絡いたします。

お問い合わせはこちら

記事へ戻る