インストーラを使わず、 Linux で BoltzEngine 環境を構築するには

環境構築にあたり、お手元に以下の情報・ファイルをご用意ください。

  • boltz コマンド
  • BoltzEngine アンロックパスワード

boltz コマンドは、お渡しした zip ファイルから取り出します。アンロックパスワードはご契約者様専用サイトで参照できます(体験版の場合は不要です)。

BoltzEngine (Slave) の起動

boltz コマンドの slave サブコマンドで起動します。

1boltz slave -addr localhost:13007 -n 30 &

BoltzEngine (Master) の起動

boltz コマンドの master サブコマンドで起動します。

1boltz master -addr localhost:13010 -slave localhost:13007 -license (プロダクトキーファイル) &

各オプションの詳細は、boltz コマンドのマニュアルを参照ください。

BoltzEngine 全体の起動待ち

Slave が Master からのリクエストを受け付け可能となるまでには、少しの時間が必要です (ほとんどは1秒以内)。 Slave が待ち受け状態になったことを知る方法はありませんが、Master は slave オプションで指定したスレーブの監視を行い、接続可能になった場合に利用可能として扱います。

この状態は、status サブコマンドで確認できます。

1boltz status -addr localhost:13010

ご不明な点はありませんか?

機能の詳細、導入のご検討、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。
担当者から追ってご連絡いたします。

お問い合わせはこちら

記事へ戻る