目次

Windows 版 BoltzEngine のログを確認する方法は

Windws版BoltzEngineのログはWindowsのイベントログに記録されます。

手順

  1. Windowsの検索チャームを表示、もしくはファイル名を指定して実行ダイアログを表示します。
  2. 検索ボックスに、「eventvwr」と入力し、Enterキーでイベントビューアを開きます。
  3. イベントビューアの左ペインより、「Application」を選択します
  4. イベントソースが「BoltzEngine」または「Boltz Messenger Gateway」となっているものが記録されたログです。

BoltzEngine または BoltzMessenger Gateway におけるログレベルの取り扱いは以下のとおりです。

レベル ID 取り扱い イベント例
情報 1001 記録として残してるだけのイベントであり、対応する必要はない 現在未使用
警告 2001 想定されており、頻出しなければ問題のないイベント 端末アンインストール時に発生する「無効なトークン」を受信した
エラー 3001 想定されておらず、管理者による対応が必要なエラー APNs / FCM まで通信できない
エラー 4001 サービスの強制終了を伴う致命的なエラー 設定ファイル等必要な情報が読めない

通常、BoltzEngine は呼び出し元へエラーを返し、エラーをどのように扱うかは呼び出し元に委ねています。 このため、ほとんどのログは Boltz Messenger Gateway をイベントソースとして記録されます。

ご不明な点はありませんか?

機能の詳細、導入のご検討、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。
担当者から追ってご連絡いたします。

お問い合わせはこちら

記事へ戻る