Linux 版で複数のスレーブノードを使用した構成を設定するには

2台以上のサーバーを使って BoltzEngine を構成する場合、一つの BoltzEngine (Master) が複数の BoltzEngine (Slave) を集約するように構成します。

ここでは、一例として、boltz-node1 に BoltzEngine (Master) と BoltzEngine (Slave) を、boltz-node2 に BoltzEngine (Slave) を実行させるように構成します。

boltz-node1

boltz-node1 の /etc/sysconfig/boltz/master を以下のように変更します。

1listen_addr=:13010
2grpc_listen_addr=:13009
3slaves=localhost:13007,boltz-node2:13007
4log_output='file:///var/log/boltz-master.log'
5license=(ライセンスキーファイル)

以下コマンドを実行して、サービスを起動します。

1# rpm -ivh boltz-engine-(バージョン).rpm
2# systemctl enable boltz-slave.service
3# systemctl enable boltz-master.service
4# systemctl start boltz-slave.service
5# systemctl start boltz-master.service

boltz-node2

BoltzEngine (Slave) だけを実行する場合は特に設定変更は必要ありません。 サービスを起動するだけで準備は完了します。

1# rpm -ivh boltz-engine-(バージョン).rpm
2# systemctl enable boltz-slave.service
3# systemctl start boltz-slave.service

動作確認

boltz-node1 と boltz-node2 の起動が完了してしばらくすると、BoltzEngine (Master) のステータスにスレーブが複数あらわれます。 boltz status コマンドで確認してください。

1$ boltz status -addr boltz-node1:13010

ご不明な点はありませんか?

機能の詳細、導入のご検討、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。
担当者から追ってご連絡いたします。

お問い合わせはこちら

記事へ戻る