体験版から製品版にアップグレードするには

体験版セットアップ時にお渡したプロダクトキーを、ご利用者様専用サイトからダウンロードしたプロダクトキーに差し替え再起動します。

ライセンスキーの書き換え

  • Linux版インストールガイドでは設置場所例として/etc/sysconfig/boltz/licenseをご案内しています。
  • Windows版ではインストーラーで指定した場所にあります。

BoltzEngine マスターサービスの再起動

ライセンスファイル置き換え後、BoltzEngine マスターサービスを再起動します。

EL7系の場合

1# systemctl stop boltz-master.service
2# systemctl start boltz-master.service

EL6系の場合

1# service stop boltz-master
2# service start boltz-master

Windowsの場合

  • サービスから「BoltzEngine Master」を再起動します。

その他の関連サービスについて

BoltzMessenger や HTTP API Proxy は体験版からの移行後も特に対応なくご利用できます。

ご不明な点はありませんか?

機能の詳細、導入のご検討、お見積もり依頼などは、お気軽にお問い合わせください。
担当者から追ってご連絡いたします。

お問い合わせはこちら

記事へ戻る