やりがいのある仕事とプロ意識に溢れた仲間
ここに足りないのはあなただけ。

要求水準は高くも、世界中のユーザーが利用する
プロダクトを作る仕事があります。
切磋琢磨し、柔軟な思考で自分自身を常にアップデートし続けられる、
プロ意識の高い仲間たちがいます。
新しい未来を共に作りましょう。ここに加わるべきは、あなたです。

デザインと技術。
それだけにこだわり続ける

「ソフトウェアのデザインなんてどうでもいい。動けばいい」、それが当たり前だった時代もありました。フェンリルはその頃から、デザインにこだわったソフトウェア開発に取り組んできました。
フェンリルではデザイナーがプロダクト開発をリードします。エンジニアは、デザイナーのイメージを最高の品質で実現するための技術を磨き、1 ピクセルにこだわって仕事をします。ずっとそれが「当たり前」であり続けています。

ユーザーのためには妥協しないデザイナーとエンジニアが、同じオフィスでやりとりしながら、一歩一歩、最高のプロダクトに近づけていける現場は、他にはないフェンリルで働くことの醍醐味です。

デザインと技術。それだけにこだわり続ける

常に新しいことに挑戦する。

フェンリルは 2008 年、いち早く iPhone アプリの開発に参入しました。当時、まだ日本で iPhone に注目している企業がほとんどない中、フェンリルはリスクを恐れず新しいことに挑戦しました。

現在も、HTML5 や AWS を活用したウェブ開発、UI / UX のリサーチ・コンサルティングなど、新しい分野への挑戦を続けています。開発環境についても、GitHub Enterprise など最新開発ツールを積極的に導入し、最高のプロダクトを最速で作りだせるよう、日々改善しています。

フェンリルは、新しいことにどんどん挑戦します。また、挑戦する人を応援する土壌があります。

常に新しいことに挑戦する

100 万人が使うアプリを作る。

国産 No.1 シェアの Sleipnir はもちろん、これまで数えきれないほど開発してきたプロダクトのデザインと技術については高い評価をいただいています。その結果、さまざまな業界のリーディングカンパニー各社と共同開発の機会に恵まれてきました。みなさんがそうとは知らずに使っているアプリの中にも、きっとフェンリルが手がけたアプリがあるはずです。

フェンリルでの仕事は文字通り日本中・世界中のユーザーが実際に手にするプロダクトの開発です。

100 万人が使うアプリを作る。

価値ある「体験」を。

2019年 新卒採用

キャリア採用

WANTEDLY
フェンリルサイトへ

制作環境を
デザインする

集中できる制作環境を整え、プロフェッショナルな仕事をサポートします。
プロフェッショナルな仕事のためには、日々の制作環境は重視されるべきだと考えています。フェンリルでは、使用するマウスとキーボードを選べる制度を設け、それぞれのスタッフが使いなれたツールや制作環境でデザイン・開発に取り組むことができます。

また、最新のガジェットも積極的に導入することで、アイディアを素早く形にし、モチベーションを保ちながらクオリティの高いプロダクトを生み出すことができます。PC環境も Mac / Windows から選べるなど、一人ひとりが最適な制作環境を整え、プロフェッショナルな仕事に取り組んでいます。
※アプリケーション共同開発部/デザイン部は Mac のみ

  • マウス・キーボード購入選択制度
  • Mac/PC環境

切磋琢磨できる環境

“デザインと技術”をスタッフ同士が高め合える環境を整えています。
フェンリルのスタッフたちは日々、プロダクトの創造や社内外の勉強会などを通してお互いを高め合っています。そうして新しい価値を生み出し続けるスタッフをサポートし、さらに切磋琢磨し合える場として、あらゆる視点でスタッフを評価する制度を設けています。

デザイナー・エンジニアからもっとも支持を集めたスタッフがフェローとして任命される制度や、仕事のスピードや正確性・社外活動での成果など、日々の姿勢をスタッフ同士が評価する制度などがあります。選ばれたスタッフ自身のモチベーション向上はもちろん、スタッフ主体の評価制度を設けることで、お互いを意識し、認め合いながらプロフェッショナルとしてのスキルを高めていくことができます。

  • フェロー制度
  • デザイナー・エンジニア評価制度
  • MVP表彰

インプットの積み重ね

新しい体験は、新しい価値を生み出します。
フェンリルのデザインと技術をより高めるためには、新たな価値を生み出し続けることが大切です。これまでになかったアイディアや革新的な提案につなげるため、最新のデザインやテクノロジーに触れるなど、様々な活動に補助制度を整えています。

また、WWDC・Google I/O・re:Invent などの海外カンファレンスにも毎年数名が参加し、渡航費を含む参加費を全額補助しています。プロダクトの開発に役立てるというミッションはもちろん、スタッフが高いモチベーションで日々のデザイン・開発に向かい合うための原動力の一つとなっています。

  • 社外勉強会補助制度
  • カンファレンス参加費補助制度

多様性のある働き方

新たなイノベーションを起こすため、多様な働き方を選択できます。
フェンリルでは、様々な体験を重ね、挑戦していくことが新たな価値を創造するきっかけになると考えています。日々の働く環境においてもその想いを反映し、スタッフはフェンリルの全拠点から拠点間異動の希望がある場合は柔軟に対応している他、自分の力を発揮したい部署への異動も可能です。

また、副業についても認められており、あらゆる側面からそれぞれの働き方を尊重しています。フェンリルのデザインと技術をより高めていくためにも、様々な体験を通してスタッフの成長を促し、多様な働き方を実現していきます。

  • 社内FA制度
  • 社内公募
  • 副業制度
  • 全国支社

挑戦できる場所

スタッフのプロフェッショナル性を最大限に活かせるフィールドがあります。
フェンリルのスタッフが持つ様々な可能性を形にするため、一人ひとりの提案を受け止め、価値を生み出せると判断したことにはバックアップを惜しみません。

スタッフの提案によって生み出されたBoltzEngineは競合を圧倒するプロダクトへと成長し、Brushupはさらなる飛躍を目指して分社化したことで順調に導入数を増やしています。また、スタッフが主体となった支社設立や、個人の創造を形にできるVanAppなど、スタッフのアイディアを積極的にサポートしています。自由に創造する体験をしてほしいというフェンリルの想いは、スタッフ一人ひとりが大きな成功を収めるチャンスを生み出しています。

  • BoltzEngine
  • Brushup
  • 拠点立ち上げ(国内外)
  • VanApp

インスピレーションを
生む休暇

休暇がもたらす様々な体験は、デザインと技術に活かされると考えています。
人生の大きな転機である出産においては、産前・産後・育児休暇制度の社内認知に勤め、これまでの休暇取得者のうち職場復帰率は100%となっています。復帰後も勤務時間短縮によって子育てと仕事のバランスを保てるようサポートし、男性スタッフの育児休暇取得も推進しています。

また、長期の有給休暇も取得できます。リフレッシュすることは仕事のモチベーションにつながり、休暇中の様々な体験を通して生まれたインスピレーションは、フェンリルのプロダクトに活かされています。

  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 育児短時間勤務制度
  • バースデー休暇
  • 年次有給休暇
  • 年間休日125日
閉じる