2018.6.29

イベント

2018

7.20Fri

TOKYO

フェンリルセミナー【東京開催】アプリで”サクサクUX”を提供する方法論

ユーザーがインストールしたアプリのうち、80%のアプリは数日で使われなくなると言われています。なかでも大きな課題が”サクサク感(レスポンスの良さ)”の提供で、96 %ユーザーが”優れたレスポンスは絶対条件”と考えています。良いサービスであっても、サクサク感なしに使ってもらうことは難しいのです。今回はこの”サクサク感”というUXユーザー体験)を設計、演出、提供するための考え方や方法論をご紹介いたします。専門的な開発知識がない方でもすぐにご活用できる内容ですので、お気軽にご参加ください。

セミナー概要

対象
  • アプリのサクサク感にお悩みのプロダクトオーナー、プロジェクトマネジャー、 ディレクター、デザイナーエンジニアなど、興味があれば誰でもご参加いただけます。アプリ開発を検討中でサクサクUXを提供したいと考えている方にもおすすめです。
開催日時

2018720日(金)

13:30受付 14:0017:00

会場

フェンリル株式会社 東京支社 5F会議室

東京都品川区西五反田2-27-3 A-PLACE五反田5F

参加費

無料

定員

10

主催

フェンリル株式会社

タイムスケジュール

14:00

14:45

サクサク感のあるUXとは何か、構成要素と事例から考える

デザイン部 企画課

プランナー 柴田 翼

そもそもユーザーがサクサク感を感じるポイントとはなんなのか、ストレスとなる要因はどんな部分にあるのかをUXという視点から考えます。

15:00

15:45

ストレス改善のためのプロトタイプ活用法

デザイン部 1

デザイナー 杉浦 朋子

アプリ制作においてユーザーにサクサク感を提供できているかを確認するために、プロトタイプを用いた検証方法をご紹介します。

             

16:00

16:45

起動するだけじゃない!アプリの様々な入り口を活用する

新規事業部

チーフエンジニア 伊藤 伸裕

ウィジェット、ビーコン、そしてプッシュ通知を活用し、ユーザーの行動に応じて様々なコンタクトを取ることでサクサク感を演出する方法をご紹介します。

登壇者プロフィール

フェンリル株式会社  デザイン部 企画課 プランナー 柴田 翼

2015年にフェンリル株式会社にプランナーとして入社。前職は広告代理店で販促プランナーなどを経験。大手企業から受託のスマホアプリWebサービスのプランニングやディレクション、自社サービスの販促戦略などに携わる。ロジカルな思考でユーザーUXを中心に置いた戦略を組み立てる。

フェンリル株式会社  デザイン部 1 デザイナー 杉浦 朋子

2018フェンリル株式会社にデザイナーとして入社。前職はiOS / Androidアプリを手がけるスタートアップにインハウスデザイナーとして初期から参画し、企画、ディレクション、デザイン、ブランディング、ライティングなどすべてのサービスに携わりサービスの急成長に貢献。現在は共同開発デザインを手がけ、インタラクションを意識したUI / UXだけでなく、メディア・ユニバーサルデザインアドバイザーとしてユニバーサルデザインの考えを取り入れたデザインを提供している。

フェンリル株式会社 新規事業部 チーフエンジニア 伊藤 伸裕

生放送連動アプリ・業務用タブレットアプリを中心に大型アプリ開発プロジェクトを牽引するリードエンジニアとして携わる。ウェブエンジニアだった経験を活かし、アプリからバックエンドを通貫した全体設計を得意とする。BoltzEngineリリース以後はプロダクトオーナーとしてプロダクト開発をリードしている。

このセミナーの受付は
終了いたしました。

今後開催されるセミナー情報などをご希望の方は、下記フォームを送信してください。

お申込みフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上送信してください。同業の方のお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。(※)は必須項目です。必ずご記入・選択してください。