西日本旅客鉄道 株式会社 様
株式会社 JR西日本ITソリューションズ 様

災害避難支援アプリ

列車の乗務員が災害発生時に乗客を安全な避難所に誘導するためのアプリです。

  • iPad

– OUTLINE

災害発生時の乗客の安全を守るために

このアプリでは、災害発生時に通信ができない状況を考慮し、オフラインでも表示できる地図を搭載しています。また、倒木や倒壊などで使用できない道路があることも想定し、自分の現在地と方角から避難所までの経路を表示させ、スムーズに誘導します。収容可能人数/標高/画像/設備/所在地などの避難所に関する情報や津波による浸水危険地域の情報なども正確に表示し、乗客の安全を守ることを第一に考えたアプリです。
※本アプリは業務用アプリのため、ストアでは公開されていません。

         

POINT利用シーンを考えた、ひと目で分かるデザイン

このアプリは日常ではなく、災害発生時に使用するため、利用シーンは突如として発生した緊急事態であることを意識しました。わかりやすさや直感的であることを重視し、学習しなくてもひと目で必要な情報を見られる UI となっています。

POINTオフラインでも最新の情報を提供するための工夫

アプリで表示する情報は端末に保持しているため、オフラインでも使用できます。また、地図や避難支援情報に更新があった場合は、随時サーバーから最新情報をの取得して内容を更新します。

– DESIGN CAPTURE

                      

– STAFF VOICE

デザイナー

使い慣れた UI を踏まえ、Android アプリから iPad アプリへ最適化

もともと Android アプリとして提供されていた既存アプリから iPad アプリへの移行を担当しました。既存アプリの基本構成を踏襲しながらも、JR 西日本様にご提供している他のアプリとトーン&マナーを合わせることで、乗務員の方が使い慣れた UI で操作しやすいように工夫しました。

エンジニア

どんな不測の事態にも対処できる万全の仕組みづくり

このアプリでは表示する情報が非常にクリティカルな内容であるため、情報更新時のエラーハンドリングには特に気を使いました。たとえば、情報に欠落や破損がある場合にはどの情報に問題があるのかを明示したり、情報の更新に失敗した場合にはもとの情報にロールバックできるよう、万全の仕組みを備えています。

アプリ開発でお悩みなら。

実績の詳細、開発規模など詳しくはお問い合わせください。お電話でもメールでも承ります。