パナソニック株式会社

Vieureka Manager

パナソニック社が提供する、映像データの活用によってあらゆるビジネスシーンにおける経営課題を解決するシステムです。

既存のVieureka Managerを刷新

パナソニック社が提供するVieurekaは、多くのIoTカメラが繋がる世界で今まで取得できなかった情報をAIによりデータ化して取得、活用するためのプラットフォームであり、多様なシーンでのサービスの構築・運用・進化を低コストで実現できます。そのなかで、Vieureka Managerは各現場のIoTカメラと、カメラ内のAIアプリを個別に制御、アップロード、状態監視、ログ取得を行う保守・管理クラウドアプリです。今回のプロジェクトでは、既存のVieureka ManagerUI/UXを大きく作り変えました。

POINT今後の拡張を見据えた技術スタックの採用

本開発では、JavaScriptフレームワークとしてReact.jsを採用しました。充実したエコシステムを使いつつ、Hooksなどの新機能を採用することでデザインパターンの単純化やコンポーネントの肥大化の防止など、今後の機能拡張を見込して再利用/改修がしやすい作りにしています。

POINTユーザーの使いやすさを第一に設計

開発者向けの特殊な構造になっているため、使用者からの要望を吸い上げ、操作フローや機能を整理しました。既存の構成を大きく変えないようにしながら、使いやすさを考慮したUI設計を行っています。

エンジニアの声

ユーザーの使用感に配慮

リテラシーの高い開発者が使うサービスではありましたが、情報の親切さ、分かりやすさを損なわないようなウェブサービスを目指しました。色やアイコンの使い方、要素の配置など、デザイナーとともに検討を重ね、情報の視認性や一覧性を大切にして設計/開発を進めました。

デザイナーの声

シンプルで拡張性の高いデザイン

サービスの発展による拡張性を考慮しつつ、ボタンやアイコンのルールを統一しました。1画面の情報が多くなってしまうため、できるだけアイコンで表示し、補助的な要素はアクション後に表示するなどの工夫をすることで、分かりやすく、直感的に操作できるUIデザインを実現しました。

ご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。
フェンリルは、あらゆる問題解決の
プロフェッショナルです。