フェンリル

さぁ、カスタマイズ。柔軟なブラウザ、洗練されたプラグイン。 Sleipnir Start

Hawkeye

Hawkeye

version:1.0.5 正式版(リリースノート

Hawkeye は、眉間のしわを減らす Web 開発補助ツールです。

Hawkeye ってどこが凄いの?!

眉間のしわを減らします

レイアウト調整やデバッグのためにエディタとブラウザとの間を行ったりきたり…。
複雑に絡み合ったソースを頭の中でレンダリングしながら解きほぐす…。
Hawkeye が、あなたを面倒な作業から解放します。
ページの「外観」と「内部」をつなぐ Hawkeye のさまざまな機能を利用すれば、 モニタにへばりつくことなく Web ページを開発することができます。

既存のツールのように、多すぎる機能に埋もれて必要な機能が見つけられない、 なんてことにはなりません。
Hawkeye はエクスプローラバーに機能を配置したことで、 多彩な機能を搭載しながらも一目で機能の場所がわかります。
また、機能の種類ではなく作業の種類別に機能を配置することで、 必要な機能だけを使うことができるシンプルな UI を実現しています。

あなたの眉間のしわを減らし背筋を伸ばす Hawkeye を、ぜひお試しください。

Hawkeye の特徴

Trident エンジンと Gecko エンジンを同時に並べて表示できます

「このページ、Gecko でも見られるかな?」

Trident(IE) エンジンでの表示と Gecko エンジンでの表示を同時に並べて確認することができます。
複数のエンジンを使用できる Sleipnir ならではの機能です。

※Hawkeye の各機能は Trident(IE) エンジン上でのみ動作します。

※アーカイブ版など Gecko プラグインが無い環境でご利用されている方は、 タブブラウザ Sleipnir のダウンロードページから Gecko プラグインをダウンロードしてください。

マウスを乗せた要素の範囲が半透明で表示されます

「どこまでが padding でどこまでが margin ?」

「クリックした要素の詳細」をお使いください。
マウスを乗せた要素の範囲が半透明で表示されます。
クリックをすれば、その要素に現在適用されている CSS を確認することができます。
CSS などのページデザインに関する機能は「デザイン」タスクにまとめられています。

ページの HTML に色付けをしてわかりやすく確認できます

「どこかでタグを閉じ忘れているはずなんだけど…」

「HTML の構造」なら、ページの HTML に色付けをしてわかりやすく確認できます。
HTML 中のタグ名をクリックすると、ページ中のその要素の位置が強調表示されます。
HTML のマークアップなど、文書の正当性を確認するための機能は「校正」タスクにまとめられています。

「alt 属性がないものに枠」でつけわすれを簡単に確認することができます。

「Web アクセシビリティって何をすればいいの?」

すべての画像に代替テキストをつけることからはじめましょう。
「alt 属性がないものに枠」でつけわすれを簡単に確認することができます。
また、色に頼ったページ校正になっていませんか?

CSS に対応していないブラウザでも閲覧できるよう設計しましたか?
フレームを使ったページで noframe の指定を忘れていませんか?
アクセシビリティ対策となる機能を使うには「アクセシビリティ」タスクを開いてください。

Hawkeye をもっと便利に使おう

Hawkeye をもっと便利に使おう

左側のボタンで移動後のページに対しても現在と同じ項目を表示するようになります。
中央のボタンで項目のチェックをすべて解除することができます。
右側のボタンで複数の機能をすばやく同時に実行することができます。