2017.4.25

プレスリリース

フェンリル、サンリオウェーブと共同でビーコン端末と連携したサンリオショップ公式アプリ『サンリオパスポート』を制作

全国のチェックイン対象サンリオショップへスムーズにチェックイン!

デザイン技術にこだわったソフトウェア開発のフェンリル株式会社(本社:大阪府大阪市最高経営責任者:牧野兼史、以下フェンリル)は、株式会社サンリオ(本社:東京都品川区代表取締役社長:辻信太郎、以下サンリオ)が本日425日に配信を開始したサンリオショップ公式アプリ『サンリオパスポート』をサンリオ、株式会社サンリオウェーブ(本社:東京都品川区代表取締役社長:山村眞一)と共同制作いたしました。

『サンリオパスポート』は、全国のチェックイン対象サンリオショップに設置されたビーコン端末と連携して、チェックインができる公式アプリです。サンリオショップにチェックインするとポイントが貯まり、ポイントでかわいいキャラクターの画像をゲットしたり、その画像をSNSで共有することもできます。ホーム画面にはハローキティが表示され、なでてあげると喜んだり、アプリを開くたびにいろんなアクションをしてくれたりします。また、サンリオショップのイベントや新商品などの情報もお知らせします。

フェンリルでは、iPhone版、Androidアプリデザイン・開発を担当しました。このアプリにはGPSを利用したGeofence1EddyStone2ビーコンの技術を使用しています。サンリオショップは全国に200以上あり、それぞれ立地や周辺環境が異なるため、これらの技術を用いてビーコンの通知範囲を調整しました。例えば、サンリオショップが多いエリアでは、通知範囲を狭く設定し、ショッピングモールのような広い空間では、通知範囲を施設全体に設定することで、適切なショップへスムーズに誘導します。


1 Geofence (ジオフェンス):地図上に仮想的なフェンス(境界線)を設置する技術のこと。これにモバイル端末のGPS機能を組み合わせることで、フェンスを出入りした端末に任意の通知を送るなどの処理が可能となる機能。

2 EddyStone (エディーストーン)Google社が開発したBLE (Bluetooth Low Energy)を用いたビーコン規格。iOSだけでなくAndroid OSWebブラウザ(Chrome)へも情報の送信が可能。

動作環境 iPhone
対応端末iOS 10以上

Android
対応端末:Android 5.1以上

インターネット接続が必要

関連ニュース