2017.9.19

プレスリリース

フェンリルGoogle Developers Certified Agencyへ認定

アプリ開発協力企業として国内トップクラスの開発実績が評価された

デザイン技術にこだわったソフトウェア開発のフェンリル株式会社(本社:大阪府大阪市最高経営責任者:牧野兼史、以下フェンリル)は、Google Developers Agency Programへ参加し、Google Developers Certified Agencyとして認定されました。

フェンリルは、300社以上のクライアント企業とスマートデバイス向けネイティブアプリケーションウェブアプリケーションの共同開発事業に取り組んでいます。スマートフォン黎明期の2008年より開発事業へ参入し、これまで開発した500本以上の実績が認められ登録となりました。

日本でのスマートデバイス登場から9年が経過し、フェンリルはこれまで数多くのAndroidアプリを提供してきました。今後はGoogleの最新の技術デザインを取り入れることでより連携を強め、様々な業種のパートナー企業とともに、ユーザーに愛されるスマートフォンアプリを開発していきます。

Google Developers Agency Program / Certified Agencyとは

Google Developers Agency Programは、2015年より世界で開始され、201611月より日本でも開始したアプリ開発協力企業向けのサポートプログラムです。プログラムに参加することで、最新のAPIやテクノロジー、ベストプラクティスなどのトレーニングや、ソフトウェア開発者向けのイベントへの招待などを受けることができます。

詳細は、Google Developers Agency Programウェブサイト(英語)をご覧ください。
https://developers.google.com/agency/



関連ニュース