2017.10.25

プレスリリース

スポーツテックを熱く盛り上げるフェンリルバレーボールデータ分析アプリVLaboをリリース

「強くなりたい」を叶えるアプリの決定版

フェンリル株式会社(本社:大阪市、最高経営責任者:牧野兼史、以下フェンリル)は、20171025日、バレーボール動画プレイヤーアプリVLabo (ブラボー)をリリースしました。

IDバレーが生んだ最強の動画プレイヤー

VLabo」は、全日本女子バレーボール代表と日本スポーツアナリスト協会、フェンリルが開発した、バレーボールのデータ分析に特化した動画プレイヤーで、2015年から全日本女子バレーボール代表の選手、監督コーチに利用さています。ユーザが見たいプレイのみを検索し連続再生することで、相手選手の研究や、自身のプレイを振り返ることができます。

検索機能を使うには、情報データ(DVWファイル)をアプリに読み込ませる必要があります。DVWファイルとは、イタリアData Project社が提供するデータ入力ソフトData Volleyによって作られるプレイ情報が記載されたファイルです。フェンリルData Project社から国内展開の公認を受けています。
Data Volleyを使わず動画のみ再生できる機能は、年内にリリースを予定しています。
IDバレーとは、眞鍋政義前全日本女子バレーボール代表監督による、データ分析にもとづく采配を指す言葉です。「VLabo」は、VolleyVictory等のVと、LaboratoryLabo”をかけ合わせたものになります。

動画のコマ送りはボタンタップよりもジェスチャー操作とすることで、手元を見ずにスピーディーな操作を実現しました

動画再生のコントロールをジェスチャーで操作できます。小さいコントロールボタンをタップするより、画面全体をジェスチャー操作でコントロールできるため、手元を見ずに操作できることからストレスになりません。

2015年から日本バレーボール強化のため始動

VLabo」は、全日本女子バレーボール代表の要望を受けて開発した「Eye Volley PadEVP:イーブイピー)」がベースになっています。現役アナリスト監修のもと、眞鍋政義前全日本女子バレーボール代表監督率いる代表チームと協同で開発されたEVPは「VLabo」として生まれ変わります。

ナショナルチームやトッププロのみならず高校生チームでも使えるアプリ

2020年までに、国内外のクラブチームや学生、200チームの利用を想定しています。「VLabo」を使ったデータ分析が一般化することで、バレーボールがより魅力的なスポーツに進化することを目指します。

眞鍋政義さんのインタビュー記事はこちら。
https://www.vlabo-volleyball.com/case.html

動作環境 iPhone
対応端末: iOS 9以上を搭載するiPhone 4S以降のiPhone

iPad
対応端末: iOS 9以上を搭載するiPad Air 2以降のiPad

インターネット接続が必要
ダウンロード https://itunes.apple.com/jp/app/vlabo/id1250723823

20171130日までは無料
2017121日以降は自動更新購読(継続課金)を予定

関連ニュース