2018.7.19

プロダクト

APNs新方式通知に対応したBoltzEngine 3.0をリリース

BoltzEngine

本日、iOS向けの新形式通知に対応したBoltzEngine 3.0をリリースしました。

今回のアップデートではiOSのプッシュ通知で使用するApple Push Notification Service (APNs)HTTP/2プロバイダ認証トークン(JWT)に対応しました。こちらの新方式に切り替えていただくことで、年に1回の証明書更新が不要となります。

また、このバージョンより起動認証の方式が変更となりました。この変更を活用して、今後更に様々な形態でご利用いただけるようになる予定です。

また、今後ドキュメントはすべてサポートページでご覧いただけます。お問い合わせいただく前でもBoltzEngineについて内容を把握していただくことが可能です。

BoltzEngine 3.0の主な変更点

  • [BoltzEngine] Apple Push Notification Service (APNs)HTTP/2プロバイダ認証トークン(JWT)に対応しました。
    従来のバイナリインターフェイスと比較して、速度が十分ではありません。実測値で概ね1/10程度となっています。
     速度を重視される環境においては当面バイナリインターフェイスをお使いいただくことを推奨します。
  • [BoltzEngine]製品版を識別するためのキーを、これまで使用していた「アンロックキー」から「プロダクトキー」へ変更しました。
  • [BoltzEngine]新しくauth-serverプロセスが追加となります。APNs HTTP/2プロバイダ認証トークンの管理に使用します。
  • [BoltzMessenger] Firebase Cloud Messaging (FCM)への移行措置に対応しました。
  • [各種ツール] FCMデフォルトのエンドポイントをGCMからFCMへ変更しました。

BoltzEngineプロダクトページもご覧ください。

関連ニュース