2019.1.17

プレスリリース

フェンリルBX、パナソニック株式会社からスマートフォンアプリUI/UX改善業務を受注

スマートフォンアプリデザインと開発で国内トップクラスの実績を有するフェンリル株式会社(本社:大阪市、最高経営責任者:牧野兼史、以下フェンリル)は、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下パナソニック)が提供しているスマートフォンアプリUI/UX(注)改善に向けたコンサルティング業務を受注しました。

(注)ユーザーインターフェース/ユーザー体験

スマートフォンの普及に伴い、顧客接点となるスマートフォンアプリの重要性はますます高まっています。パナソニックは多数リリースされているスマートフォンアプリを改善し、より優れたUI/UXを提供する必要性を感じていました。フェンリルスマートフォンアプリの現状分析と課題抽出など改善に向けた具体的手法を示した上で、ブランディングを念頭に置いたUI/UX戦略立案の必要性を提案しました。プロジェクトを推進する中心メンバーは、デザイン経営とデジタル戦略を支援する部署フェンリルBX(ビーエックス、以下BX)」に所属するプロフェッショナルです。

概要

1.プロジェクトの受注要因

  • a.確立された手法と専門家によるUXデザインの提供
    フェンリルに在籍するHCD(人間中心設計)の専門家が、確立されたプロセスと手法に基づきUXデザインを提供している点を評価。
  • b.デジタル戦略の視点に踏み込んだ新サービスBX」への期待
    単なるアプリ開発にとどまらず、経営やデジタル戦略に踏み込んだ横断的かつ包括的なBXサービスを評価。
  • c.400600本以上のプロジェクト実績
    400600本以上のスマートフォンアプリデザイン・開発してきた国内トップクラスの実績を評価。

2.スマートフォンアプリUI/UXを改善する必要性

スマートフォンアプリウェブサイトなど、顧客接点の機会がアナログからデジタルへとシフトするにつれて、より優れたユーザー体験の提供が求められています。企業ブランディングの観点も踏まえると、アプリUI/UXを改善する重要性がますます高まっています。

3.プロジェクトの内容

  • a.主要アプリの現状分析と課題の抽出
    主要アプリデザインとユーザビリティを分析し、UI/UXの現状を把握し、課題を抽出します。
  • b.UI/UX改善に向けた戦略の提案
    ブランディングを念頭に置き、UI/UX改善に向けた戦略を提案します。
  • c UI/UXに関する研修の実施
    IoT時代におけるUI/UXへの取り組みに関する研修を実施します。

BXについて

BXでは、フェンリルがこれまで培ってきたデザイン技術に関するノウハウと経験をベースに、コンサルティング、ICT(情報通信技術)、クリエイティブの各分野に精通したプロフェッショナルが一堂に集まり、事業戦略の立案からメディアを問わない施策実施までワンストップのサービスを提供しています。顧客から寄せられる「アプリだけでなくサービスそのものの設計をしてほしい」「コンサルティング会社では机上の空論になりがちなため、デザインや開発まで見据えたサービスを提供してほしい」「マーケティングや広告活動をトータルで支援してほしい」といった要望に応えます(下図)

フェンリルBXの特長

  • 1.デザイン/開発を念頭に置いたコンサルティングサービスを提供

  • 2.新たなUX/CX/EX(注)創出、デザイン経営導入、デジタル変革推進等の支援

  • 3.コンサルティング、ICTクリエイティブという異なる専門性を融合

  • 4.プロフェッショナルパートナーとの協業によるシナジー創出

  • 5.社会課題の解決に向けたソーシャルデザインの取り組み

(注)ユーザー体験/顧客体験/従業員体験

ウェブサイト BXについての詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://bx.fenrir-inc.com/

関連ニュース