2019.9.5

プレスリリース

フェンリルアプリビジネスを成功に導く「アプリ・マーケティング・サービス」を提供開始

アプリの「作る」と「広める」を同時に考える

スマートフォンアプリデザインと開発で10年以上の実績を持つフェンリル株式会社(本社:大阪府大阪市 最高経営責任者:牧野 兼史、 以下フェンリル)は、お客様のアプリビジネスを成功に導く「アプリ・マーケティング・サービス」の提供を開始します。

サービス使用イメージ




アプリを作ったもののダウンロード数が伸びない——。
ユーザーが定着せずに離脱してしまう——。
フェンリルアプリデザインと開発を手掛けたお客様から、こうした声が多く寄せられます。良いアプリを作ったからといって、必ずしもそのサービスが成功するとは限りません。アプリを作ることだけをゴールとするのではなく、事業目標の達成を視野に入れ、アプリデザイン/開発の段階からブランド認知とマーケティングの施策を考慮しておく必要があるのです。

そこでフェンリルは、お客様の事業戦略からビジネス設計、アプリの企画・設計、マーケティング施策までを同時に考えるパートナーとして、一貫したユーザー体験とクリエイティブを提供します。さらに、ユーザー動向の分析結果をアプリ内・アプリ外の施策に即座に反映すれば、PDCAループを高速回転させて大きなグロースを遂げられます。デザイン力と技術力を備え、ユーザーのインサイトとアプリ開発を熟知しているからこそ提供可能なサービスで、コンサルティング会社や広告会社、デザイン会社、アプリ開発会社などによる個別サービスを一括して受けられるというメリットもあります。

フェンリルが提供するアプリ・マーケティング・サービスの特長

一貫性のあるデザイン アプリ利用前から利用時、利用後に至るまで一貫性のあるデザインを提供
卓越した技術 高難度のアプリ内施策や連動プロモーションも高い技術力で後押し
「作る×広める」を連携 ユーザーのフィードバックを施策に即反映してPDCAを高速回転




具体的には、以下の3つのサービスメニューを用意しています。

1.アプリサービスデザイン

最良のUXを実現する、フェンリル独自の確立されたデザインプロセス。開発前の調査からモデル化、企画、UIデザインに至るまで、確立されたプロセスに則してアプリサービスデザインすることで、ユーザーにとって最高の体験を実現します。

2.ブランドマーケティング

トリプルメディア(※)戦略を基本に、認知拡大やユーザーのエンゲージメントを強化。アプリ開発会社だからこそ実現可能な「ユーザーのインサイトに基づくメディアを問わないコミュニケーションプラン」を提案します。
※ペイドメディア(広告など)、オウンドメディア(自社ウェブサイトなど)、アーンドメディア(パブリシティやSNSなど)の総称

3.パフォーマンスマーケティング

ユーザーの動向を分析し、ダウンロード数やアクティブユーザー数などの結果を追求。アプリ内外の現状をしっかり分析したうえで課題を明確にし、マーケティング活動のKGI/KPIの設定から目標達成に向けた多種多様な施策までを提案します。





フェンリルでは、日本国内でiPhoneが発売された2008年よりスマートフォンアプリ開発事業を立ち上げ、日本のナショナルクライアントをはじめとする企業のスマートフォン/ウェブアプリデザイン、開発し、ユーザーの課題に寄り添ってきました。このアプリ・マーケティング・サービスをきっかけに、企業のアプリサービスのマーケティング支援事業を拡大し、これまで培ったノウハウをもとに、より多くのユーザーに使われるアプリをお届けします。





ウェブサイト アプリ・マーケティング・サービスについての詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://www.fenrir-inc.com/jp/business/app-marketing/

関連ニュース