2024.1.19

プレスリリース

フェンリル、プロeスポーツチームREJECTとApex Legends Global Seriesに参戦

デザインと技術のフェンリル株式会社(本社:大阪府大阪市 最高経営責任者:牧野 兼史、以下フェンリル)は、プロeスポーツチーム「REJECT」(本社:東京都文京区、代表取締役:甲山翔也)とともに、「REJECT WINNITY」としてApex Legends ™のチームを創設し、Apex Legends Global Series(以下、ALGS)に参戦します。

【REJECT WINNITY】メンバー紹介
プレイヤー
・obly ・KaronPe ・SangJoon

コーチ
・ahn2e

昨年REALIZE所属として全ての世界大会への出場を果たしたobly、KaronPe、SangJoonの3名に加え、ENTER FORCE.36で自身も選手として活躍していたahn2eをコーチとして迎え入れた4名で構成されたチームです。昨年9月に行われた「ALGS:2023 Championship」では、APAC Northで最高順位である総合9位を獲得しており、アジア地域ではトップクラスの強さを誇るメンバーとなっています。今年は「REJECT WINNITY」として新たなチームでYear4を迎えるALGSの舞台で世界へ挑みます。

ALGSについて

「REJECT WINNITY」の初陣となるALGSとは、3人1組のチーム形式で行うバトルロイヤルシューティングゲームApex Legends™の世界一を決めるeスポーツ大会です。プロだけでなくアマチュアの選手及びチームも参加できる大会となっており、賞金総額は500万ドル(約7.4億円)。 今回で4回目の開催となり、昨年に引き続き世界から注目が集まる大会となっています。

Apex Legends ™とは

エレクトロニック・アーツより2019年2月5日に配信開始した3人1組のチームバトル形式、プレイステーション 5 / プレイステーション 4 / Xbox Series X|S / Xbox One / Nintendo Switch / PC用のバトルロイヤルシューティングゲームです。現在のプレイヤー人口は世界で1億人を突破しており、日本でも人気のeスポーツタイトルとなっています。
公式サイト:https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends

REJECTについて

2018年発足のプロeスポーツチーム。主に世界的に人気なシューティングゲームタイトルを取り扱い、現在はPUBG MOBILE / 格闘ゲーム / Apex Legends / VALORANT / BRAWL STARS / 第五人格の6タイトルの部門を保有し、多くの人気ストリーマーが所属しています。モバイルシューティングゲームでは日本トップの実績を上げており、特に『PUBG MOBILE』部門は同タイトルでの世界大会出場が国内最多の10回を誇っています。

WINNITYについて

WINNITYは、Apex Legends ™ で、ゲーム開始前の情報収集からプレイ後の振り返りまでを円滑にできる無料のコミュニケーションプラットフォームです。リリースは2024年春を予定しています。 アプリ開発で追求してきたUI設計の技術により、プレイヤーのレベルにあった情報を的確に提供し、ゲームの経験値を効率よく上げることで、Apex Legends ™ のコミュニティを盛り上げていきます。オンラインゲーム・eスポーツ市場のプレイヤー人口を増やし、日本だけでなく世界の市場活性化に貢献したいと考えています。

▼WINNITY 公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/WINNITY_GAMES

関連ニュース