東海旅客鉄道株式会社

EXアプリ

東海道・山陽新幹線の指定席予約、変更等が行える、会員制ネット予約&チケットレス乗車サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」の公式アプリです。
移動中でもアプリですぐに予約、ICカードでラクラク乗車。
スマートフォンでの新しい新幹線の乗車体験を実現します。※ 写真提供(協力)JR東海

– OUTLINE

指定席の予約や変更を、アプリで簡単・スピーディに

乗車時刻と乗車区間を入力して検索するだけで、すぐに乗りたい列車を探し出して予約することができ、さらには列車名や座席の指定など、使い方次第でより詳細な予約が可能です。基本的な機能は網羅しつつ、少ないステップ数で指定席の予約や変更ができるのが特徴です。また、予約ボタンを押す前に空席状況を表示することで、ストレスなく予約画面へと進むことができます。そのほか、発売開始日(乗車日1ヶ月前)の7日前から予約申込を行える「事前申込サービス」、受付時間外の予約申込が行える「夜間申込サービス」、購入履歴の確認や領収書の発行などもアプリで行えます。また、アプリでの独自サービスとして、プッシュ通知でのお知らせ、クレジットカードやICカード情報のカメラ読み取り、よく利用する検索条件の保存などの機能も提供し、利便性を高めています。
※本アプリのご利用には、会員登録が必要です。また、エクスプレス予約のご利用には、事前にクレジットカード会社へのお申し込みが必要です。
 (入会にはクレジットカード会社の審査があります。)

         

POINT同じ機能を提供しながらそれぞれのOSの特徴を活かす開発を実施

サービスとしての仕様の整理や、既存のウェブサービスに依存する箇所を意識させることのないアプリ開発を目指し、様々な工夫をしています。iOSAndroid共にネイティブアプリならではの要素を取り入れたり、新しいOSへの素早い対応を意識した開発環境や開発言語の選択など、両OSに同様の機能を持たせながらも、それぞれのOSの特徴を活かす開発を実施しました。

デザイナーの声

豊富な機能とわかりやすさとの絶妙なバランス

一口に「新幹線の指定席を予約する」といっても、実際にはユーザー操作のパターンが複雑に入り組んでおり、提供できる機能と分かりやすさのバランスを維持することがデザインとしての課題でした。その一つ一つを紐解きながら現時点での最適解を設計していくのは、難しくもあり面白くもありました。より使いやすく、分かりやすいアプリケーションを目指して、これからもアップデートしていきます!

エンジニアの声

大型プロジェクトならではの挑戦

大型プロジェクトであるため、技術面でも様々な事柄に挑戦することができました。今後アプリの利用者がさらに増えていくものと予想されるので、より使いやすくわかりやすいアプリにすることは当然ながら、堅牢性やメンテナンス性を損なわずにアップデートを継続できるよう尽力いたします。

– DESIGN CAPTURE

                

– DOWNLOAD

App Store

Google Play

カテゴリ:旅行

ご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。
フェンリルは、あらゆる問題解決の
プロフェッショナルです。