株式会社日本経済新聞社

日経バリューサーチ

100万社超の企業分析と約550の業界分析が可能な「日経バリューサーチ」をリニューアルしました。

– OUTLINE

サービスの性質を見極め、徹底的に課題を分析

日経バリューサーチにはとてつもなく膨大な量のデータがあり、それを複雑かつ高度に分析できる機能がサービスの特徴のひとつであるため、画面や機能によっては利用者側にもハイレベルなUI操作能力を求められます。
そうした背景からユーザーインタビューを実施したところ、便利な機能が正しく利用されていなかったり、目的のデータになかなか辿り着けなかったりといった事象が起きていることが分かりました。そのため、UIや操作面の学習コストを下げて、短時間で理解でき、かつ素早い成果をあげられるツールを目指しました。
もともとサービス自体には貴重なデータや分析能力が既に備わっているため、その結果に辿り着くまでの時間が1分でも1秒でも短くなることが重要であるとの考えのもと、リニューアルを実施しました。

POINTサービスの未来はUIの再設計から

サービスとしての継続した運用を踏まえて、Atomic Designの考え方を用いてUIの再設計を行いました。まず、既存画面のUIをインベントリとして洗い出し、その上でまとめられるものをまとめたり、カラーなどの定義を見直したりと、不確かだった要素の集合体にきちんとした意味づけを行っていきました。
他にも、リニューアル前は開発から年数が経過していたこともあり、大きな画面サイズへの考慮が不十分であったため、最大画面幅サイズを見直すなど、現在の環境に沿うようにすることも気をつけました。
また、設計前には実際にサービスを利用されている企業を訪問し、どのような使い方をされているのか、またどういった課題をお持ちなのかなど、ヒアリングをさせていただいたことが、リニューアルに際し大いに参考となりました。

POINT大量のデータを快適に操作

フロントエンドのみの開発で、フレームワークにReactを使用し、SPASingle Page Application)としてコンポーネント指向を意識した設計を行いました。Atomic Designに基づいてデザインされていたことでコンポーネントの切り分けが明確になっており、要素単位での分業がしやすく、大きなチームにもかかわらず混乱のない開発ができました。
また、Code Splittingを行い初期ロードの時間を削減したり、大量の情報を表示する画面にはVirtual Scrollを導入するなど、動作の軽快さにもこだわりました。

デザイナーの声

膨大な画面とパーツにとことん向き合う

とにかく100を超える画面と、そこに使われる多様なパーツを整理分解することが一番の課題であり、何よりやりごたえのある仕事でした。また、専門的な分野のB2Bサービスであるため、実際に使われている方のお話を直接伺えたことがとても貴重であり、デザインにおける糧となりました。

エンジニアの声

大人数のチームでも安定した品質を

B2Bサービスであり、複雑な仕様や専門的な要素が多く、さらに扱う情報量も膨大で全体を把握するのに苦労しました。今まで経験したことのない大人数でのフロントエンド開発となりましたが、それを考慮した設計や適切な作業分担により上手く進めることができました。
また、仕様的な確認はもとより、SPAとして作られたサイトであるためSPA特有の機能的なテストをすることで、必要な品質を担保することができました。
さらには、大量のページと豊富な機能でしたが、いかに効率よくテストするかを入念に考えることで、無事納期内にテストが完了しました。

ご依頼やご相談など、
お気軽にお問い合わせください。
フェンリルは、あらゆる問題解決の
プロフェッショナルです。