2020.6.30

その他

フェンリルは新型コロナウイルス感染症対策として71日よりリモートワーク推奨/時差出勤へ移行します

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大対策として4月より開始していた、全社員を対象としたフルリモートでの勤務630日をもちまして一部解除いたします。71日以降はリモートワークを中心に時差出勤と併用しての勤務となり、期間は暫定的に930日までといたします。

714日追記:
首都圏を中心とした新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の状況を受け、714日より東京支社に限りリモートワーク推奨からフルリモートワークを前提とした勤務へ変更いたします。

出社再開にあたっての感染予防対策

引き続きリモートワークは継続し、時差出勤と併用しながらの勤務となります。時差出勤では通常、930分出社から18時帰社まで定時としているところ、希望者には満員電車を避けた1時間遅い勤務時間1030分出社から19時帰社へ変更した出社が可能となります。
出社にあたっては各部署で出社人数を調整するほか、拠点ごとのオフィスレイアウトを考慮し出社者の席配置を一定の間隔を設けるなど対策基準を設定。全社員を対象とした社内行事は引き続きオンラインで開催いたします。また、マスクの着用や、各拠点にマスクやアルコール消毒液を設置するなど、感染予防に努めて参ります。
勤務にあたっては定期代ではなく都度の通勤交通費として支給。4月より開始している通信費や電気代の支給制度も継続するなど、リモートワークにかかる費用がスタッフの負担とならないよう、制度を設けています。くわしくはこちらをご覧ください。

お問い合わせに関して

4月よりメールフォームのみでの受付となっておりますが、引き続きリモートワークが基本となるためメールフォームのみの受付を継続いたします。いただきましたお問い合わせは滞りなく対応いたしますが、若干お時間をいただく可能性がございますのでご了承ください。

採用・入社後の対応に関して

新卒・中途選考に関わらず、通常説明会および対面での採用選考の実施は見合わせ、原則オンラインでの対応をしておりましたが、引き続きオンライン選考を継続しつつ、情勢を考慮し候補者の方のご都合やご希望にあわせ対面での選考も検討して参ります。対面・オンラインどちらを選択いただいても、選考結果への影響はございません。
入社後はすぐにリモート勤務に入れるよう、PCをはじめ必要な機器等はご自宅へ配送しております。
通常の選考、入社手続きと変わらぬ状態になるようサポートいたしますのでご安心ください。


無期限のフルリモート勤務の実施にあたり、関係者のみなさまにはご理解、ご協力いただけましたこと、深く御礼申し上げます。しかし事態が完全に収束したわけではありません。フェンリルでは今後も柔軟かつ迅速に、状況に応じた対応を実施して参ります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に関するこれまでの対応にあたり、42日発表時点の内容はこちらから、218日発表時点の内容はこちらからご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先

フェンリル株式会社
広報 藤本
pr@fenrir.co.jp

関連ニュース